1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. テクニカル分析
  3. ≫MACDの仕組みと具体的な使い方を解説!

MACDの仕組みと具体的な使い方を解説!

LINEで送る
Pocket

MACDは多くの国内FX業者で初期設定から利用できる超メジャーなテクニカル指標の一つです。

■MACDの構成

上の図のように、MACDは二本の移動平均線が構成しています。
赤線は「MACD(MACDライン)」、青線は「シグナル(MACDシグナル)」と呼ばれています。
それぞれの仕組みは以下で解説します。

・MACD(MACDライン)
…短期、長期(普通はそれぞれ12日、26日)移動平均線の差を表しています。 具体的に計算式で示すと、
MACD=(短期指数平滑移動平均線)-(長期指数平均線移動平均線)
となります。 指数平滑移動平均線とは、直近の値動きにより敏感に反応しやすくなるよう計算した移動平均線です。
短期の方がより直近の値動きに反応しやすいので、上昇相場では短期>長期となり、同時にMACD>0となります。
なのでMACD>0で上昇相場、MACD<0で下落相場と判別できます。

・シグナル(MACDシグナル)
…前述のMACDをさらに単純移動平均化したものです。
通常は当日を含む過去9日分のMACDの値を足してそれを9で割ったものを指します。

■MACDの利用法

MACDは前述の通り移動平均線を多用しているためトレンド系指標とも言えますが、一般的に利用されている手法としてはオシレータ系指標としての側面が強いため、それらの中間的存在として当サイトでは位置付けております。
それぞれの役割での具体的な利用法について考察してみましょう。
共通する見方として、MACDを短期の移動平均線、シグナルを長期の移動平均線と見なしゴールデンクロスやデッドクロスが出現した時は注目すべきポイントとなります。

・トレンド系指標として
…トレンド発生中はこちらのやり方がおすすめ。
「トレンドは継続しやすい」という傾向を信じ、ひたすらトレンドの押し目を拾って順張りしていくやり方がメインです。
そのためにMACDを活用するとして上昇トレンドに乗る局面を例にとると、まずトレンドに対して逆張りはNGなので、上昇トレンド継続中に買いを入れたいところ。
ですので買いを入れるのはMACD>0の場面ということになります。
もちろんトレンドの押し目を狙いたいので、一度デッドクロスが発生し、再度ゴールデンクロスが出てからのロングが好ましいです。

・オシレータ系指標として
…レンジ相場においてはこちらがよく効きます。
レンジの下限付近まで下落してきた後の反発を狙いたいので、MACD<0の場面でゴールデンクロスが出ればロング。
反対に上限ではMACD>0においてデッドクロスが出ればショートするのが好ましいです。

間違ってもトレンド相場においてデッドクロスが生じたからと言って安易に逆張るのはやめてください。
あくまでこちらの手法が通用するのはレンジ相場においてなので、トレンドとレンジの見極めは予めしておくことが大切です。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。