1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/04/11 久々のリスクオン相場

2016/04/11 久々のリスクオン相場

LINEで送る
Pocket

2016/04/11 久々のリスクオン相場

マーケットのポイント

連日にわたって続いていた円買いトレンドが一服、
株価や原油などコモデティ商品が買われこの日は久々のリスクオン相場となった。

アジア時間こそ先週の株安が嫌気される形で寄り付きから日経平均株価が売り優勢、
ドル円は一時107.63 円まで下落し、2014 年10 月27 日以来の安値を更新する場面も見られたが、
その後は日経平均が下げ幅を縮小する中で下値を切り上げていった。

もっとも、海外時間に入ると原油先物価格の上昇に伴い対資源国通貨でドル安が進行したため、
ドル円の動きは鈍くレンジ内での動きに終始した。

ここ最近続いておいた円の独歩高が一旦休息を迎えた形となったが、
全体で見ればやや材料不足感は否めず、その他は特に大きな動きは出なかった。

基本的にはポジション調整といった、
月曜日らしい動きだったといえる。

各主要通貨の強弱関係

強通貨→GBP、NZD、CAD 弱通貨→USD、EUR、JPY

ドル(USD)

ドル円は日全体で見ればレンジ内での推移、目立った動きが出なかった。

日経平均が寄り付き時から売り優勢となったことでリスク回避目的のドル売り・円買いが進行、
一時は107.63 円まで下落し2014 年10 月27 日以来の安値更新となったが、
一巡後は日経平均株価が下げ幅を縮小する中で下値を切り上げた。

海外時間に入ると、主に対ポンドで円売りが加速した流れを受けて全般円安が進行。

もっとも、同時に原油先物も上昇したしたことで対資源国通貨でドルも弱含み、
ドル円自体は動きの鈍い展開となった。

ユーロ(EUR)

ユーロドルは1.14ドルを挟んだレンジ推移、全体としては横ばいの動きとなった。

特段材料の無い中、対資源国通貨でドル安が進行した影響を受け日通し高値をつける場面も見られたが、
買いは継続せず引けにかけては上値を切り下げた。

ユーロ円もいまいち方向感が出ず。
ドル円同様にアジア時間には上値を切り下げるも、
海外時間に入るにつれて徐々に下値を切り上げるなど一進一退となった。

ポンド(GBP)

ポンドはこの日、最も強含む通貨となった。
先週大きく売られた反動と思われる。

円高が一服する中で、
欧州時間の入りにかけてポンドは対円を中心に大きく買われた。

特にポンド円は1時間で約2円上昇するなど買いが著しかった。
一方でポンドドルも原油高を背景にドル安が進行したことで堅調な推移を見せた。

もっとも、一巡後は急激に買われた反動もあり方向感に欠ける展開となった。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨はおおむね堅調。

特段の材料が無い中で原油などコモディティ商品が上昇した影響を受け、
対ドルを中心に全般強含む結果となった。

主な経済指標

《アジア時間》

08:50 2月機械受注、予想(12.0%)上回る前月比9.2%減

10:30 3月中国CPI、予想(2.4上昇)下回る 前年同月比2.3%上昇 ※3月卸売物価指数(PPI)は前年同月比4.3%低下と予想の4.6%低下を上回った。

≪欧州・NY時間≫

特になし。

主な要人発言

《アジア》

菅義偉官房長官

11日11:20「市場に投機的な動きが見られている」「(為替)緊張感もって注視し、場合によっては必要な措置」

麻生太郎副総理兼財務・金融相

11日15:16「強い経済の再生を目指し、一段と取り組みを強化する」

黒田東彦日銀総裁

11日15:21「必要な場合は3つの次元で躊躇なく追加金融緩和を講じる」「市場動向や日本経済・物価に与える影響を十分注視していく」「消費者物価は先行き2%に向けて上昇率を高めていく」

《欧州》

ショイブレ独財務相

12日02:11「低金利の環境がしばらく続く可能性」

《米国》

ルー米財務長官

11日20:24「競争的な通貨切り下げのための為替介入は受け入れられない」

11日21:25「準備通貨としてのドルの地位を当然と思うべきではない」

カプラン米ダラス連銀総裁

12日02:56「マイナス金利の選択肢を排除しない」「マイナス金利には副作用がある」

12日03:17「一段のドル高は製造業への向かい風になる」「ドル需要は質への逃避が理由」

12日03:25「利上げには慎重で、辛抱強い姿勢が適切」

12日04:02「データは現時点での金利変更を支持しない」「FRBの先行きの理解は4月までには十分ではない」

まとめ

久々のリスクオン相場となり、
先週とはまた違った光景となった。

もっとも、あくまでも一時的なポジション調整にとどまる可能性は高く、
ここから強気な流れに転じると容易に判断するのは難しい。

特段の材料に欠ける中、株価や原油を睨んだ展開となりそう。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。