1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/04/12 リスクオン相場、株価・原油上昇→資源国通貨買い優勢

2016/04/12 リスクオン相場、株価・原油上昇→資源国通貨買い優勢

LINEで送る
Pocket

2016/04/12 リスクオン相場、株価・原油上昇→資源国通貨買い優勢

マーケットのポイント

新年度に入ってから続いていたリスクオフ局面もここへきて一服、
この日はその巻き戻しといった展開になった。

連日にわたる下げを埋める形で日経平均が反発する中で円売りが進行。
日本時間にドル円は108円台前半まで回復した。

海外時間に入ると原油先物価格が大幅上昇。
資源国通貨が買われる中でドル(USD)は弱含むも、
同時に日経平均先物も買われる中で円(JPY)も弱含み。

弱いドルに対し円も下落した結果、ドル円は108円台後半まで上昇した。

コモディティ商品の上昇に伴う資源国通貨買い進行といった
典型的なリスクオン相場となった。

各主要通貨の強弱関係

強通貨→AUD、CAD、NZD 弱通貨→JPY、EUR、USD

ドル(USD)

ドル円はこの日反発。
先日から続いていた下落の巻き戻しとなった。

日通し日経平均株価が買われる中で円売りが進行した。
原油先物などコモディティ商品が堅調に推移したことも相場の支援材料。

投資家のリスク回避志向が改善する中で徐々に下値を切り上げた。

ユーロ(EUR)

この日もユーロドルは明確な方向感に欠ける展開となった。

海外時間へ入るタイミングでは原油先物価格の上昇に伴い対資源国でドル安が進行した影響を受け
一時は昨年10/15 日以来の高値となる1.1465 ドルまで上昇。

もっとも、その後はドルの買い戻しに伴い再び1.13 ドル台半ばに下落した。

ユーロ円は反発、
円高トレンドが一服する中でドル円と同様の動きとなった。

ポンド(GBP)

ポンドはおおむね堅調。
英国のCPIが市場予想よちも上振れたことで買いが優勢。

特にポンド円は円売りが進行した影響もあり恩恵を受けた。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨は全面高。
原油先物価格が堅調に推移したことが背景にある。

原油は産油量据え置きをめぐりサ ウジアラビアとロシアが合意しそうだとの見方から、
約4カ月ぶり高値に上昇した。

また、豪ドルは2月NAB 企業信頼感指数が前月+3 から+6 に改善し、
景況感指数も前月+8 から+12 に上昇したことが好感され買いが優勢。

資源国通貨の中でも最も強含む結果となった。

主な経済指標

《アジア時間》

10:30 3月豪NAB企業景況感指数、プラス12 ※前回はプラス8

《欧州・NY時間》

17:30 3月英CPI、前月比0.4%上昇 予想(0.3%)上回る

17:30 3月英コアPPI、前年比0.2%上昇 予想(0.%)下回る

主な要人発言

《アジア》

麻生太郎副総理兼財務・金融相

12日10:32「為替変動や無秩序な動きは悪影響与えるのはG20で合意」「為替市場に一方的な偏った動きあれば必要な措置取る」

12日10:34「為替市場は常に緊張感持って見ている」

12日10:35「為替市場の過度な変動にはきちんとした対応をする」

《欧州》

ダイセイプルーム・オランダ財務相(ユーログループ議長)

12日22:18「欧州の景気回復は継続している」

《米国》

カプラン米ダラス連銀総裁

12日21:07「FOMCはそう遠くない将来、行動する可能性がある」「12月利上げは正しい行動だった」

12日21:10「国内経済は成長減速。ドルは向かい風」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁

12日22:01「インフレ加速まで追加利上げを待つことが賢明」「雇用は今年の早い段階で目標を達成する見通し」「政策は緩和し過ぎる方がまだましだろう」

12日22:46「マイナス金利導入のハードルは非常に高い」

13日00:04「今年少なくとも3回利上げの可能性ある」「4月含めて全ての会合はライブ」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁

13日04:21「中国のハードランディングについては大して懸念していない」「米経済の状態はいい」「世界成長が米経済を抑制している」

13日05:12「2016年に2回か3回の利上げが適切」「多くの労働市場の指標が良好」「次回利上げ後に混乱が生じるとは予想せず」

ラッカー米リッチモンド連銀総裁

13日05:19「米雇用は力強く、コアインフレは上向きつつある」「2016年のインフレ率が平均で2%にかなり近づくと予想」「FOMCは緩やかな利上げという道筋を維持するべき」

まとめ

昨日に引き続きこの日もリスクオン局面となったが、
果たしてここから流れが強気に転じるかといえばわからない。

今月半ばに開かれるドーハ会合に向けた思惑から
原油先物も堅調な推移を見せているが、結果次第では打ち止め感から失望売りにつながる可能性もある。

しばらくは神経質な動きが続きそう。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。