1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/05/11 JPY反発

2016/05/11 JPY反発

LINEで送る
Pocket

2016/05/11 JPY反発

マーケットのポイント

直近で続いていた円安もこの日は一旦反発、
USD/JPYを中心に主要通貨のクロス円は上値の重い1日となった。

今週に入り連日続いていた本邦当局からの円高けん制発言がこの日は出なかったことなども円高の材料となったと考えられる。

各主要通貨の強弱関係

主要通貨強弱

NZD>JPY>CHF>EUR>CAD>AUD>GBP>USD

ドル(USD)

USDはこの日最も弱い通貨となった。
一方でJPYは強含み、USD/JPYは日通し上値を抑えられた。

連日飛び出ていた円高けん制発言がこの日は見られなかったことがJPY買いを促進。また、NY時間のEIA原油在庫統計が市場予想よりも減産となったことで原油先物価格が上昇、それに伴い対資源国通貨でUSD売りが進行した。

ユーロ(EUR)

EURはやや横ばいといった具合。

全般USD安となったことでEUR/USDは堅調に推移するも、強含んだJPYに対しては下落、EUR/JPYは上値の重い動きとなった。

ポンド(GBP)

GBPは軟調。
英3 月鉱工業生産が予想よりも弱い結果となったことなどが重しとなった。

直近でかなり上昇していたことによる反動が見られたと思われる。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨はまちまち。

NZDはRBNZ金融安定報告書が予想よりハト派的ではなかった事を受け買い戻しが優勢。
この日最も強い通貨となった。

AUDは前日の上昇に対する利食い売りが散見されたのか、やや弱めとなった。

CADはNY時間に発表されたEIA原油在庫統計が市場予想よりも減産となったことで引けにかけて買いが進行した。

主な経済指標

≪アジア時間≫

特に無し

≪欧州・NY時間≫

17:30 3月英鉱工業生産、予想(0.5%上昇)下回る 前月比0.3%上昇

20:00 前週分米MBA住宅ローン申請、前週比0.4%上昇

23:30 EIA週間在庫統計:原油在庫は前週比341万バレル減少した。市場予想平均の前週比8万バレル増加に反して減少した。また、ガソリン在庫は123万バレル減少と市場予想平均の前週比51万バレル減少を下回った。

主な要人発言

《アジア・オセアニア》

ウィーラーNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁

11日08:03「貿易相手国の成長が弱まっている」

11日08:18「近い将来での利上げは適していない」

藤井聡内閣官房参与

11日09:06「政府は所得ターゲット政策の採用を」「消費税増税は延期を」「現時点では10兆円以上の財政支出が必要」

浜田宏一内閣官房参与

11日12:07「日本は為替介入の権利がある」「105-110円より円高はそれほど進まないだろう」

黒田東彦日銀総裁(独ベルゼン紙とのインタビューで)

12日00:24「日銀は限界に達していない」「インフレは確実に正しい軌道に乗っている」「円高は日銀政策がもたらした結果ではない」「マイナス金利の市場への影響は極めて明白」

12日00:27「日銀は必要であれば著しい金融緩和が可能」「日銀の政策は円に関して外的要因に圧倒されている」

12日00:29「金融・財政政策の協調には限界がある」

《欧州》

ノボトニー・オーストリア中銀総裁

11日20:35「為替レートの目標はない」「ECBは為替に影響を及ぼす手段がない」

12日00:02「インフレ期待の安定が鍵」「インフレ期待に下落傾向のリスクが見られる」

バイトマン独連銀総裁

12日03:45「ECBの緩和政策は今のところ正当化される」

《米国》

特に無し

まとめ

特段材料の無い中、株価や原油に左右される展開となった。
USD/JPYも110円台を手前にやや上値が重くなっている様子。

今週末に控えた米小売売上高を前に様子見ムードといったところだろうか。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。