1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/05/18 ドル円、110円台へ

2016/05/18 ドル円、110円台へ

LINEで送る
Pocket

2016/05/18 ドル円、110円台へ

マーケットのポイント

本日はFOMC議事録要旨を受けて全般ドル高の動きとなり、
USD/JPYは4月28日以来の110円台へ乗せた。

議事録の内容はタカ派的であり、
6月利上げに対する市場の織り込み度具合に違和感を呈する形となった。

また、英国での世論調査でEU残留派が増加したとの報道を受けてGBPが強含み、
強烈な上昇を見せたことも特徴的だった。

各主要通貨の強弱関係

主要通貨強弱

GBP>USD>CHF>EUR>JPY>CAD>NZD>AUD

ドル(USD)

USDは強含み。

アジア時間には日経平均株価が下落する中でJPYが買われ一時は108円台まで割り込むも、
欧州時間にかけてはFOMC議事要旨を前に思惑的なUSD買いが進行し109円台半ばまで上昇した。

NY時間に発表されたFOMC議事要旨がタカ派トーンのものとなるとUSDは全面高となり、
USD/JPYは110円台へ突入し、引けにかけて堅調に推移が続いた。

ユーロ(EUR)

EURは中立。
USDやGBPに対し下落した一方で資源国通貨に対しては上昇した。

EUR/USDはFOMC後にUSDが強含んだ影響を受けて大幅下落。
一方でEUR/JPYは強弱関係が近かったため方向感が出なかった。

ポンド(GBP)

GBPは大幅高、この日最も強い通貨となった。
英国での世論調査でEU残留派が増加したことが背景。

欧州時間から強烈に上値を伸ばし、日通し強含んだ。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨は総じて弱い。
NY時間から原油が大幅に下落し始めたことなども相場の重しとなった。

AUDは豪1-3月期賃金が前年同期比+2.1%と前期および市場予想(いずれも+2.2%)を下回り過去最低を更新したことから、
再び利下げ期待が高まりこの日最も弱い通貨となった。

主な経済指標

≪アジア時間≫

07:45 1-3月期NZ卸売物価指数、前期比0.2%低下

08:50 1-3月期実質GDP、年率1.7%増 予想(0.3%増)より強い

≪欧州・NY時間≫

17:30 4月英失業者、0.24万人減 予想(5000人増)より強い、失業率は2.1%と市場予想平均の2.1%と同じだった。※ILO方式による1-3月の失業率は5.1%と市場予想平均の5.1%と同じだった。

18:00 4月ユーロ圏HICP、0.2%低下 予想通り

20:00 前週分米MBA住宅ローン申請、前週比1.6%低下

27:00 FOMC議事要旨公表

主な要人発言

《アジア》

石原伸晃経済再生担当相

18日09:35「緩やかな回復基調が続いている」「このところ弱さも見られるが雇用所得環境は改善」「新興国や資源国の動向、市場変動には留意が必要」

菅義偉官房長官

18日11:12「消費税の方針に変わりはない」「(消費税増税の実施可否について)適時、適切に判断」「GDPは個人消費について弱含み」

安倍晋三首相

18日15:08「リーマンショックや大震災のような出来事がない限り消費税は予定通り引き上げ」「経済政策は功を奏している」

18日18:02「デフレからの完全な脱却目指す」「経済再生なくして財政健全化なしとの基本方針を堅持」「2020年度の財政健全化目標の達成目指す」

《欧州》

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワ仏中銀総裁

18日17:19「ユーロ圏のインフレは依然として低過ぎる」「金融政策はユーロ圏回復の役割を担っている」

《米国》

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

19日03:02「多くの委員は世界経済のリスクを注視する必要があると認識」「幾人かの委員は英国のEU離脱と中国の通貨政策がリスクと認識」

19日03:03「大半のメンバーは経済が正当化されるならば、6月利上げの可能性が高いと判断」

19日03:04「データが6月利上げを支持するかどうかの見解はさまざま」

19日03:09「多くの委員は先行きの下振れリスクを引き続き警戒」「消費鈍化や世界経済の見通しなどが下振れリスク」

19日03:11「一部の委員は6月利上げの織り込みが過度に低いと懸念」

まとめ

英国の世論調査やFOMC議事録要旨など、何かと材料の多い1日となった。
特にFOMC議事要旨は市場が思っていたよりもタカ派の内容となったことで今後の利上げ期待も高まる。

直近だと6月ということになるが、
Fed高官による発言もかなり深い意味を持ってくることが予想されるので注目。

 

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。