1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/07/12 ヘリコプターマネー期待で全面的な円安継続

2016/07/12 ヘリコプターマネー期待で全面的な円安継続

LINEで送る
Pocket

2016/07/12 ヘリコプターマネー期待で全面的な円安継続

この記事の目次
マーケットのポイント
各主要通貨の強弱関係
主な経済指標
主な要人発言
まとめ

マーケットのポイント

本日も昨日に引き続きJPYが独歩安となり、全面円安の相場となりました。

背景にあるのはヘリコプターマネー政策が導入されるのではないかという報道で、その期待感からJPYは一段と売られクロス円通貨を中心に大幅な上昇となりました。

中でもGBPの強さが目立ち、原油先物の持ち直しも影響し資源国通貨も強含むなどリスクオンの展開となっています。

USDJPY5M0712

緑:アジア時間、紫:欧州時間、青:NY時間

なお、日本時間16時半頃に石原経済再生相が経済対策に関する記者会見を開き、そこでは具体的な規模に言及はしなかったことで一時JPY買いが進む場面があったものの、影響は一時的なものにとどまりすぐにまた売りが優勢になるなどかなりの期待感で動いている様子。

短期投機筋によるJPY買いポジションの巻き戻しが強く見られる1日でした。

《各指数》

日本国債10年 -0.27% – 0.003
ドイツ国債10年 -0.09% + 0.077
英国債10年物 0.83% + 0.070
米国債10年 1.51% + 0.080

日経平均 16,095.65 + 386.83 + 2.46%
ドイツDAX指数 9,964.07 + 130.66 + 1.33%
英FT100 6,680.69 – 2.17 – 0.03%
ダウ工業株30種 18,347.67 + 120.74 + 0.66%

原油(NYMEX/WTI) 46.80 + 2.04 + 4.56%
金(COMEX) 1335.30 – 21.30 – 1.57%

各主要通貨の強弱関係

GBP>AUD>NZD>CAD>EUR>USD>CHF>JPY

ドル(USD)

USDはやや弱い。

この日は全面リスクオンの流れを受け主にGBPや資源国通貨に対して下落を見せました。

もっとも、JPYが独歩安となったことでUSD/JPYとしては上昇。日通し堅調に推移し朝方の102円台半ばから引けにかけて105円間近に迫るなど底堅さを見せました。

ユーロ(EUR)

EURは中~やや弱い。

特段ユーロ絡みの材料は無く、他通貨の動きに振らされる動きとなりました。

EUR/USDはUSDが欧米時間にやや買い戻された影響でやや上値が重かったものの、EUR/JPYは全面円安の中で底堅く推移しました。

ポンド(GBP)

GBPは強含み。この日最も強い通貨となりました。

直近で急下落していた流れの巻き戻しが強く見られる状態で、GBP/USD は1.32ドル台後半、GBP/JPYは138円台後半まで上昇しました。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨は全般強含み。

原油先物相場が勢いづいたことを背景に買いが優勢となりました。

主な経済指標

≪アジア時間≫

特に無し

≪欧州・NY時間≫

15:00 6月独CPI改定値、前月比0.1%上昇 予想通り

23:00 5月米卸売在庫、予想(0.2%増)下回る前月比0.1%増

主な要人発言

《アジア・オセアニア》

石原伸晃経済再生担当相

12日10:49「まだ経済対策指示出ていないが話はうかがっている」「英EU離脱の新興国波及、日本の中小企業などに波及しないためにも大胆な経済対策を作り上げる」

12日16:33「安倍首相が経済政策の取りまとめの準備を指示」「経済対策は月内めどに取りまとめ」「経済対策は未来投資の加速を目的に総括的かつ大胆に」

12日16:35「財政措置を伴うものは財務相と協議を」「2020年度の財政健全化目標は堅持」

12日16:41「補正予算財源に建設国債の発行はあり得る」「経済対策の規模はこれから検討し見えてくる」

12日16:46「補正予算財源として赤字国債の発行は望ましくないと思う」「今日特に4大臣と財源について議論していない」

菅義偉官房長官

12日12:06「経済対策の規模について承知をしていない」

12日12:12「安倍首相とバーナンキ氏との会談は調整中」

12日16:29「安倍・バーナンキ会談では日本の金融政策について話あった」「日銀に金融緩和の手段まだ存在とバーナンキ氏は指摘」

麻生太郎副総理兼財務・金融相

12日12:12「経済対策について総理の指示があり次第、具体的内容を検討」「経済対策の規模は今からだ」「財源については経済対策の内容を見極めて検討」

安倍晋三首相

12日15:10「デフレからの脱出速度を加速したい」

浜田宏一内閣官房参与

12日15:51「首相が財政政策や構造改革の実行を説明した」

12日16:01「バーナンキ氏はアベノミクスうまく行っていると発言」「バーナンキ氏はアベノミクスやり遂げてほしいと発言」

李克強中国首相

12日19:36「中国は妥当な範囲内で経済を維持する」

《欧州》

カーニー英中銀(BOE)総裁

12日18:40「リスク環境は変化しており、不確実性が増した状況にある」

12日20:27「ポンドの下落は英経済の調整を支援」「ポンドの水準は投資家のリスクに対する反応を表わす」「ポンドの水準はこれらの状況で助力」

カンリフ・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁

12日19:45「投資家にとって銀行の経営難についての将来コストに関する不確実性が依然としてある」

メルケル独首相

12日21:32「イタリアの銀行問題が解決すると確信している」

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのリンデ・スペイン中銀総裁

12日03:08「ECBの主要な目的はインフレ目標の達成」「刺激策は効果が出始めている」

《米国・カナダ》

メスター米クリーブランド連銀総裁

12日10:32「金融の安定をFRBの第三の責務とすべきではない」

12日11:35「米労働市場を楽観」「金利の緩やかな上昇が合理的」「FOMCは後手に回っていない」

12日11:37「インフレで前進」「金利のタイミングは別問題」

ブラード米セントルイス連銀総裁

12日22:36「米景気後退を予想する理由はない」

13日00:01「5月雇用統計は異常だった」「Brexitの米国への影響は最終的にゼロに近づく」

ルー米財務長官

12日23:20「英国とEUは離脱協議において柔軟性を示す必要がある」

12日23:24「G20は競争的な通貨切り下げの回避を」

まとめ

昨日に引き続き根強い円売り意欲が見られましたね。

日経平均株価もBrexit前の水準まで回復するなどやや過剰なほどの期待感とも言えますが、それが相場というものなのかもしれません。

少し釈然としない気持ちもありますが、目先の動きに逆らうべきでは無く、今後出てくる情報1つ1つに耳を傾ける必要がありそうです。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。