1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/08/01 ドル安一服も、原油は40ドル割れ

2016/08/01 ドル安一服も、原油は40ドル割れ

LINEで送る
Pocket

2016/08/01 ドル安一服も、原油は40ドル割れ

マーケットのポイント

本日の相場は先週の弱い米GDPを受けて急落したUSDが一服し買い戻された事、原油安を受けて資源国通貨が軟化した事がハイライト。

アジア時間には先週末の日銀会合で追加緩和が期待ほど大きなものでなかった事への失望から全面高となったJPYが反落、USD/JPYは102円台後半まで上昇しました。

なお、豪州市場は休場となったものの7月Caixin中国製造業PMIが予想値を上回ったことでオセアニア通貨は買いで反応を見せました。

その後欧州時間に入ると原油先物が急落、それにつれる形で資源国通貨が全般弱含みます。この流れの中、USDも資源国通貨に対し上昇しました。

もっとも、同時に資金調達通貨も強含んだことでUSD/JPYは102円台前半でのレンジ推移にとどまり、EUR/USDも1.11ドル台半ばで方向感に乏しい動きとなりました。

USDJPY0801

ちなみに、NY時間に発表された製造業ISMや建設支出といった米経済指標は弱い結果となりましたが、雇用統計を前に相場への影響は限定的でした。

各指数の変化

日本国債10年 -0.1350% + 0.055
ドイツ国債10年 -0.0980% + 0.021
英国債10年物 0.7300% + 0.045
米国債10年 1.5214% + 0.068

日経平均 16,635.77 + 66.50 + 0.40%
ドイツDAX指数 10,330.52 – 6.98 – 0.07%
英FT100 6,693.95 – 30.48 – 0.45%
ダウ工業株30種 18,404.51 – 27.73 – 0.15%

原油(NYMEX/WTI) 40.06 – 1.54 – 3.70%
金(COMEX) 1359.60 + 2.10 + 0.15%

各主要通貨の強弱関係

CHF>CAD>EUR>AUD>JPY>USD>NZD>GBP

ドル(USD)

USDはやや弱い。先週末の急下落からの反動に加え原油安を受けて資源国通貨に対し買い戻しが目立ったものの、資金調達通貨に対しては下落するなど区々となりました。

ユーロ(EUR)

EURはやや強い。USDやJPYに対しては強弱関係が出にくかった一方で資源国通貨に対しては上昇しました。

ポンド(GBP)

GBPは弱い。追加緩和への期待がくすぶる中、7月英製造業PMI改定値が予想値を下回ったことで売りが優勢となりました、。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨は全般弱い。欧州時間の入り頃より原油先物が下落へ向かう中で全般売りとなりました。

主な経済指標

≪アジア時間≫

10:00 7月中国製造業PMI、49.9 予想(50.0)下回る

10:45 7月Caixin中国製造業PMI、50.6 予想(48.8)上回る

≪欧州・NY時間≫

17:30 7月英製造業PMI改定値、48.2 予想(49.1)下回る

23:00 7月米ISM製造業景気指数、52.6 予想(53.0)下回る

主な要人発言

《アジア・オセアニア》

特に無し

《欧州》

ジョーダンスイス国立銀行(中央銀行、SNB)総裁

1日15:45「スイスフランは対ユーロで過大評価されている」「為替市場に介入する余地がある」

《米国・カナダ》

ダドリー米ニューヨーク連銀総裁

1日10:20「今年の米追加利上げの可能性を否定するのは時期尚早」

1日10:25「今後の経済データで自身の見通しが裏付けられれば、米金融政策は先物市場が示唆するよりも速いペースで動く必要がある公算が大きい」

1日11:16「米見通しにとっては世界情勢も重要」

1日11:33「米経済は完全雇用に近い」「米経済は合理的なペースで成長と確信」

1日12:41「利上げのタイミングは不確実」「米大統領選挙はFRBの金融政策を左右する要素にはならない」

カプラン米ダラス連銀総裁

1日16:11「データが支援するのであれば9月の利上げは十分検討する可能性がある」

まとめ

本日は資源国通貨の下落、資金調達通貨の上昇となったことでUSD/JPY、EUR/USD、EUR/JPYといったメジャー通貨は総じて動きに乏しい1日となりました。

特にAUDは明日に控えたRBA理事会への思惑的な売りも見られていそうなことから、結果に注目です。

今週は日銀会合後のJPYの方向性についても着目していきたいですね。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。