1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/08/26 イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長発言から早期利上げ期待でドル全面高、円全面安。

2016/08/26 イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長発言から早期利上げ期待でドル全面高、円全面安。

LINEで送る
Pocket

2016/08/26 イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長発言から早期利上げ期待でドル全面高、円全面安。

マーケットのポイント

本日の相場はジャクソンホールでのイエレンFRB議長のスピーチおよびそれに続くフィッシャーFRB副議長の発言から年内利上げ期待が高まり全面ドル高が進行したのがポイントになります。

アジア時間~欧州時間にかけてはイベント前という事もあり主要通貨は全体的に小動きにとどまり動意の薄い展開が続きました。

USDJOY0826

NY時間に入り日本時間23時にはイエレン議長の講演がスタート。「(米利上げの根拠が)この数カ月で強まった」との発言が流れると米金利が上昇、それに伴う形でUSDも買われました。

もっとも、具体的な利上げ時期についての言及が無かったことや「実質自然利子率が0%に近いとの推計も」との発言が材料視され米金利はすぐに反落、USDも講演が始まる前の水準まで売りこまれました。

しかしその後、フィッシャー副議長が9月FOMCおよび年内2回の利上げの可能性に関する質問に対して「議長発言は両方に対して整合的」といった旨の発言をしたことで米金利・USDは急反発し再度全面ドル高の流れへと向かいました。

各指数の変化

日本国債10年 -0.0700% + 0.015
ドイツ国債10年 -0.0720% – 0.002
英国債10年物 0.5640% – 0.008
米国債10年 1.6296% + 0.056

日経平均 16,360.71 – 195.24 – 1.18%
ドイツDAX指数 10,587.77 + 58.18 + 0.55%
英FT100 6,838.05 + 21.15 + 0.31%
ダウ工業株30種 18,395.40 – 53.01 – 0.29%

原油(NYMEX/WTI) 47.64 + 0.31 + 0.65%
金(COMEX) 1325.90 + 1.30 + 0.10%

各主要通貨の強弱関係

USD>GBP>CAD>AUD>EUR>NZD>CHF>JPY

ドル(USD)

USDは強。イエレンFRB議長、フィッシャーFRB副議長の発言を受けて全面高となりました。

ユーロ(EUR)

EURは中~。ジャクソンホールでのイエレン議長会見後にUSDが強含んだことでEUR/USDは下落した一方、この局面ではJPYが弱含んだことでEUR/JPYとしては上昇しました。

ポンド(GBP)

GBPは強。この日はUSDに続いて買いが強まりました。米経済への楽観的な見方が広がったことで英経済へのリスク懸念も幾分か後退した事が支援材料と思われます。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨はまちまち。イエレン議長のスピーチ後、対USDでは軒並み下落したものの対JPYでは上昇するなど区々な動きを見せました。

主な経済指標

≪アジア時間≫

特に無し

≪欧州・NY時間≫

21:30 4-6月期四半期実質国内総生産:予想通り

23:00 8月ミシガン大学消費者態度指数:予想:90.8、結果:89.8

主な要人発言

《アジア・オセアニア》

特に無し

《欧州》

シャフィク・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁

26日23:56「BOEは利下げの際、下限を強く意識している」

《米国・カナダ》

フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長

26日08:35「FRB内で加熱経済の問題を議論している」

27日00:41「8月雇用統計がFOMCの決定に影響へ」「景気が力強さを増したことは証明済み」「イエレンFRB議長の発言は9月利上げの可能性と整合」

ブラード米セントルイス連銀総裁

26日21:05「FOMCの正常化計画、再考する時期にある」「生産性の低い現況に適した政策が望ましい」

カプラン米ダラス連銀総裁

26日21:35「FRBは積極的に成長を生み出す手段を講じる」

メスター米クリーブランド連銀総裁

26日21:38「利上げを行うことは理にかなっている」「毎回の会合がライブ」

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長

26日23:01「米利上げの根拠がこの数カ月で強まった」「雇用と物価の目標達成に近づいている」

26日23:02「緩やかな利上げが適切になると今も考える」「雇用市場は堅調さを継続すると予想」

26日23:04「将来、幅広い資産の購入を検討する価値がある」「様々な状況に対応する政策手段が望ましい」

26日23:06「FRBの金融政策はあらかじめ決まっておらず、データ次第」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事

27日02:51「成長は労働市場を支えるほど十分強い」「緩やかな利上げプログラムが適切」

27日02:54「辛抱強い姿勢でいる余裕はある」「ドルは今の懸念事項でないが注視はすべき」

まとめ

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。