1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/08/31 日銀外債購入の可能性示唆で円安。ドル高は一服。

2016/08/31 日銀外債購入の可能性示唆で円安。ドル高は一服。

LINEで送る
Pocket

2016/08/31 日銀外債購入の可能性示唆で円安。ドル高は一服。

マーケットのポイント

本日の相場は

・本邦政府関係者が日銀による外債購入の可能性を示唆しJPYが全般下落した事

が主なポイントとなります。

アジア時間には日経平均が堅調な推移を見せた他、布野日銀審議委員、浜田内閣官房参与が日銀による外債購入について言及した事が材料視されJPYは主要通貨に対し下落、USD/JPYはじわじわと上値を伸ばしました。

欧州時間に入るとUSDが強含みUSD高を主導にUSD/JPYは上昇を続けます。

USDJPY0831

NY時間にはADP雇用統計が予想よりも強い数字となり、前月分も上方修正された事なども好感されUSD買いが加速、USD/JPYは103円台半ばまで上昇しました。もっとも、8月シカゴPMIが予想を下振れた事などもあり買いの勢いも長続きはせず引けにかけては方向感が鈍りました。

その他通貨で見るとGBPの強さが目立ちましたが、直近のGBPの底堅さは顕著で短期投機筋によるショートカバーが広がりつつある事がうかがえます。

また、EIA原油在庫統計は原油・ガソリン共に増産となった事で原油相場は一時3%を超える下落を見せ、CADが大幅に売られる展開となりました。

各指数の変化

日本国債10年 -0.0630% + 0.012
ドイツ国債10年 -0.0650% + 0.026
英国債10年物 0.6420% + 0.004
米国債10年 1.5800% + 0.014

日経平均 16,887.40 + 162.04 + 0.97%
ドイツDAX指数 10,592.69 – 64.95 – 0.61%
英FT100 6,781.51 – 39.28 – 0.58%
ダウ工業株30種 18,400.88 – 53.42 – 0.29%

原油(NYMEX/WTI) 44.70 – 1.65 – 3.56%
金(COMEX) 1311.40 – 5.10 – 0.39%

各主要通貨の強弱関係

GBP>NZD>EUR>AUD>CHF>USD>CAD>JPY

ドル(USD)

USDはやや弱。この日のUSD/JPYの上昇はどちらかといえばJPY安による恩恵が大きく、USDの動き自体はそれほど大きいものではありませんでした。良好なADP雇用統計発表直後は一時的に強含むも8月シカゴPMIが予想よりも弱い数字となると失速、米金利がほぼ横ばいだった事なども相場の重しとなった可能性があります。

ユーロ(EUR)

ユーロはやや強。EUR/USDはUSDのハッキリとしない動きの中で方向感が見えず、一方でEUR/JPYはJPY独歩安の中で堅調に推移しました。

ポンド(GBP)

GBPは強。特に目新しい材料が出たわけではありませんが、ここ最近のショートカバーと思われる上昇基調が継続している形です。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨は区々。

AUDは特に方向感無し、NZDは理由はハッキリしない中で比較的堅調、CADはNY時間に発表された原油在庫統計が増産となった事が嫌気され弱含むなどまちまちな動きを見せました。

主な経済指標

≪アジア時間≫

08:50 7月鉱工業生産速報、前月比横ばい 予想下回る

10:00 8月NBNZ企業信頼感、プラス15.5に悪化

≪欧州・NY時間≫

15:00 7月独小売売上高、予想上回る 前月比1.7%上昇

16:55 8月独失業者数、0.7万人減 予想より強い

18:00 7月ユーロ圏失業率、10.1% 予想より弱い

18:00 8月ユーロ圏HICP、0.2%上昇 予想下回る

20:00 前週分米MBA住宅ローン申請、前週比2.8%上昇

21:15 8月ADPリポート非農業部門雇用者17.7万人増 予想上回る

22:45 8月シカゴPMI、予想下回る51.5

23:30 EIA週間在庫統計:原油在庫は前週比228万バレル増加した。市場予想平均の前週比83万バレル増加を上回った。また、ガソリン在庫は69万バレル減少と市場予想平均の前週比101万バレル減少を上回った。

主な要人発言

《アジア・オセアニア》

布野幸利日銀審議委員

31日10:31「景気は基調として穏やかな回復を続けており、今後も穏やかに拡大していく」

31日10:33「今後も物価2%目標の早期実現を目指し、3次元の緩和手段を総動員していく」

31日14:10「マイナス金利の銀行収益への影響を心配する声も」「量、質、金利ともに現段階で限界は見えていない」

31日14:32「日銀の外債購入は理論としては考えられるが、実際は困難」

浜田宏一内閣官房参与

31日13:40「半年ほどアベノミクスうまくいかない可能性も思い始めた」

31日13:55「(GDPについて)日銀と政府のデータの違い考えなければいけない」「アベノミクス再検討はとんでもない話」「物価見通しについては日銀より柔軟な立場」「コアコアの指数2%に持っていくことにすればよい」

31日14:02「外債買うことに市場流動性で制限ない」「米国は日本の外債購入に反発してくるだろう」「(外債購入)経済外交としての根回しが必要になる」

《欧州》

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワ仏中銀総裁

31日15:39「ヘリコプターマネーは正当化できない」

《米国・カナダ》

エバンズ米シカゴ連銀総裁

31日16:16「政策面のサプライズによる利回り急上昇リスクは小さい」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁

31日16:17「米金融当局は比較的早期に2つの目標達成も」「長期の低金利据え置き、リスク皆無でない」

ルー米財務長官

31日21:34「G20は中国に為替での約束を守るように引き続き要請する」「G20は長期的な財政政策を一段と行う必要がある」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁

1日00:37「目標はインフレなき雇用押し上げ」

まとめ

大幅な円安が進行した事でクロス円通貨全般強含んだ1日でした。

金曜日に控えた雇用統計の前哨戦であるADP雇用統計が良好な結果となった事で金曜日に注目が集まりますね。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。