1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/09/14 米株安、米金利低下、ドル安のリスクオフ

2016/09/14 米株安、米金利低下、ドル安のリスクオフ

LINEで送る
Pocket

2016/09/14 米株安、米金利低下、ドル安のリスクオフ

マーケットのポイント

本日の相場は株安・金利低下を足掛かりにドル安が全般進行したのが主なポイントになります。

アジア時間には前日の日銀によるマイナス金利深堀りに関する観測記事を背景とした円安基調が継続しJPYが下落、USD/JPYは一時103円台半ばまで上昇するなどしっかり推移しました。

その後欧州時間に入るとJPYが買い戻しの動きへと向かいUSD/JPYは102円台半ばまで反落し当初の上昇分を失います。なお、欧州時間に発表された英雇用統計は予想よりも強い数値となりましたが相場への影響は限定的となりました。

NY時間序盤には原油安の中で資源国通貨に対してUSDは弱含んだものの、JPYやEURに対しては方向感が出ずに小動きにとどまりました。もっとも、引けにかけては米金利が低下幅を広げる中で全般USD売りが強まり、USD/JPYは102円台前半まで下落し日通し安値を付けました。

各指数の変化

各主要通貨の強弱関係

NZD>CHF>GBP>EUR>JPY>AUD>USD>CAD>

ドル(USD)

USDは弱。株安・金利低下の中で売りが強まりました。

ユーロ(EUR)

EURは中~。追加の新規材料に乏しいで方向感が出ていません。

ポンド(GBP)

GBPはやや強。英雇用統計は予想を上振れたものの相場への影響は限定的に留まりました。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨はまちまち。原油安を背景にAUDやCADは弱含んだもののNZDは前日の急落の反動から買いの動きが強まりました。

主な経済指標

≪アジア時間≫

特に無し

≪欧州・NY時間≫

17:30 8月英失業者、0.24万人増 予想より弱い

18:00 7月ユーロ圏鉱工業生産、前月比1.1%減 予想下回る

主な要人発言

《アジア・オセアニア》

安倍晋三首相

14日09:02「日銀の金融政策の効果は実体経済に徐々に波及」「世界経済の見通しに対する下方リスクは高まっている」

菅義偉官房長官

14日16:28「(金融政策)具体的手法は日銀にゆだねるべき」「(日銀)マイナス金利によって一定の成果あげている」

《欧州》

ユンケル欧州委員長

14日16:38「EUの統合はまだ十分ではない」

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁

14日19:09「金融政策は時間を買えるが、他の行動が必要」

リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁

14日19:24「ECBによる量的緩和のマネーが経済に届いていない」

《米国・カナダ》

特に無し

まとめ

重要な経済指標などもあまり無い中で金利や株の動きを睨む展開が続いています。

明日は米小売売上高の発表があるのでそちらに注目です。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。