1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. マーケットコメント
  3. ≫2016/11/08 クリントン大統領当選を織り込み、リスクオン、円安進行

2016/11/08 クリントン大統領当選を織り込み、リスクオン、円安進行

LINEで送る
Pocket

「クリントン大統領当選を織り込み、リスクオン、円安進行」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-17-35

*画像はCAD/JPY 5分足
*緑は日本時間、紫は欧州時間、青はNY時間

マーケットのポイント

火曜日の相場は大統領選の開票を翌日に控えるなかで、クリントン候補の勝利を織り込む形でリスクオン相場になったのが主なポイントとなります。

日本時間は、堅調に寄り付いた日経平均が反落するとともにドル円が若干下落したほか、中国の輸出入や豪企業信頼感指数が弱かったことを受けてAUDが弱含んだのが特徴的でした。

欧州時間になると円が少しずつ下落をはじめ、ドル円は104円後半まで上昇しました。

NY時間には円売りが一服、ドル円も狭いレンジでの取引となっていましたが、その後NY時間後半にはいり、欧州株式が買われはじめたことを受けNZD,AUD,CADといった所謂ハイベータ通貨が強含みました。また、このとき米金利も上昇したため、ドルは対資金調達通貨で買われドル円は105円前半まで上昇した一方、ユーロドルは下落しました。

各指数の変化

日本国債10年 -0.0610% – 0.015
ドイツ国債10年 0.1880% + 0.034
英国債10年物 1.2370% + 0.035
米国債10年 1.8547% + 0.029

日経平均 17,171.38 – 5.83 – 0.03%
ドイツDAX指数 10,482.32 + 25.37 + 0.24%
英FT100 6,843.13 + 36.23 + 0.53%
ダウ工業株30種 18,332.74 + 73.14 + 0.40%

原油(NYMEX/WTI) 44.98 + 0.09 + 0.20%
金(COMEX) 1274.50 – 4.90 – 0.38%

各主要通貨の強弱関係

CAD>NZD>AUD>USD>EUR>GBP>CHF>JPY

ドル(USD)

ドルは中程度。資金調達通貨に対しては買われたものの、資源国通貨に対しては売られ、全般的には中程度となりました。

ユーロ(EUR)

ユーロはやや弱。欧州時間までは方向感がなかったものの、NY時間に米金利の上昇と共にドル高となり、主に対ドルで弱含みました。

ポンド(GBP)

ポンドはやや弱。直接的な材料はなかったものの、ユーロと同じく主に対ドルで売りがめだちました。

資源国通貨(AUD、NZD、CAD)

資源国通貨は強。クリントン候補の勝利を織り込む形でリスクオン相場になったことで、AUD含むハイベータ通貨が強含みました。

主な経済指標

《アジア時間》

中国10 月貿易黒字額: 予想:517.0 億米ドル、結果:490.6 億米ドル

豪10 月NAB 企業信頼感指数: 結果:+4

《欧州・NY時間》

独9 月鉱工業生産: 予想:-0.5%、結果:前月比-1.8%

米9 月JOLTS 求人件数: 予想:548.8 万件、結果:548.6 万件

まとめ

火曜日は米大統領選でクリントン候補が勝利することを織り込む形で全体的なリスクオン相場が継続し、ドルが円やユーロといった資金調達通貨に対して買われたほか、AUDなどの資源国通貨、メキシコペソやブラジルレアルの新興国通貨が対ドルで上昇したのが特徴的な1日となりました。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。