1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. 初心者向け記事
  3. ≫FXで利益が出る仕組みと初心者に人気の理由とは?

FXで利益が出る仕組みと初心者に人気の理由とは?

LINEで送る
Pocket

最近流行りのFX、みなさんはFXがどのようなものかご存知でしょうか?

 

なんとなく気になってはいるけど、難しそうだったり怖そうな気がして手を出せないという人も多いと思います。

 

今回こちらのページでは、

 

「FXって聞いたことはあるけどどんなものかわからない」

「興味があるけど何から始めればいいのかわからない」

 

といった人の為に、FX初心者が知りたい情報をまとめました!

そもそもFXとは?

 

a474ae61599025bfb5d096237a301822_s

 

FXとは、端的に言うと

「外国の通貨を売買することによって利益を得ること」

を目的とした投資になります。

 

もともとFXは「Foreign Exchange」の略で、

日本語での正式名称は「外国為替証拠金取引」という名前です。

FXで利益が出る仕組み

①為替変動

FXでは2つの国の通貨を選んで、

それを売買することによって利益を得ることが目的になるのですが、

なぜ通貨を売買することによってお金を増やすことができるのでしょうか?

 

みなさんはニュースなどで

現在の外国為替取引は1ドル=105円67~73銭で取引されています

などというセリフを聞いたことがないでしょうか?

 

これは105円70銭前後の日本円で1ドルと取り替えられるということを

意味しているのですが、この価値は一定ではなく、常に変化を続けているんです。

 

つまり長い目で見れば1ドルが100円のときもあれば

1ドルが110円になることもあるのです。

 

私たちはこの変化を狙って、その差額で儲けることを目的とします。

 

例えば、「1ドル=100円」の時に1万ドル買ったとします。

 

この時1万ドル買う為に必要な日本円は「100×10000」で100万円になります。

 

その後ドルの価値が上昇し、「1ドル=110円」になったとき、

買ってあった1万ドルを円に戻すと「110×10000」で110万円になります。

 

この100万円から110万円の差額10万円がこの取引での利益になるのです。

white

証拠金とレバレッジ

この話を聞くと、

1万ドル買うのに100万円も必要ならそんな高額な投資は出来ない

と考える人もいるでしょうが、心配いりません。

 

FXは「外国為替証拠金取引」なので

自身の投資金額にレバレッジをかけることが出来ます。

 

レバレッジと言うのはいわば「テコの原理」で、

テコを使うことで少ない力で重いものを動かせるように、

少額のお金で多額のお金を動かせることを意味します。

 

日本ではレバレッジが25倍までかけられるため、

10万円の投資で250万円分の投資を行うことができるのです。

 

つまり、先ほど話した1万ドルの取引に必要なお金は

5万円以下でできることになります。

 

この、少額で簡単に投資ができるのが

FXが投資が初心者に人気の理由の一つでもあるんです!

②スワップ金利

FXで利益を上げる方法として為替変動の他に、「スワップ金利」というものがあります。

こちらは主に長期トレードで使えるトレードです。

 

そもそも世界の国々では、自国の通貨に独自の金利を設けています。

 

銀行にお金を預けていた場合、

金利が高いと預けたお金に多くの利息が付き、

逆に金利が低いとほとんど利息が付きません。

 

これを利用して世界の各国は自国の景気を調整しようとします。

 

好景気の国では金利を上げることで預金する意欲を増大させ、

過度なインフレを未然に防ごうとします。

 

反対に不景気の国では金利を下げて預金する意欲を削ぐことで、

流通している通貨量を増やし景気を回復させようとします。

 

実際に低金利の通貨には日本円・欧州ユーロなどがあり、

高金利の通貨には豪ドルやニュージーランドドルなどがあります。

 

するとここで、各国の通貨の間には金利差が生じていることがわかります。

 

この金利差のことを「スワップ金利(=スワップポイント)」と呼びます。

 

例えば低金利通貨の日本円で高金利通貨の豪ドルを買った場合で、

仮に為替変動が全く起こらなかったとしても、

豪ドルを買ったまま放置しておくだけで金利差分の利益が毎日生じます。

 

もちろんこのスワップ金利にもレバレッジが適応されるので、

長期で保有する場合は特に数%の金利差が大きな利益につながる事も有り得ます。

 

これがスワップ金利によって利益が生じる仕組みとなります。

 

ただし逆に高金利の豪ドルを売って低金利の日本円を買った場合、

金利差の分の損失が毎日生じることになるので注意が必要です!

FXが投資初心者に人気の理由とは?

why_biginner

 

FXについての説明の中でも少し触れましたが、

FXが投資初心者に好まれるには理由があります!

なぜFXは投資初心者に好まれるのか。その主な魅力を紹介したいと思います。

 

いつでも取引できる

これから投資を始めようという方であれば、

何かと兼業しながらという方が多いのではないでしょうか?

 

株は平日の朝9時から15時までと取引時間が決まっていますが、

 

FXは平日であれば一日中マーケットが開いており、

月曜日の早朝から土曜日の早朝までの時間はいつでも取引参加することができます。

 

会社に勤めている方であれば日中は会社にいるでしょうし、

株をやるのは時間的に無理があります。

 

しかしFXはいつでも取引ができるだけでなく、

取引が最も盛んになる時間帯が夕方から深夜にかけてなので、

会社員や学生、主婦にとっても取引しやすいほか、

スマートフォン用の取引アプリも非常に充実しているため、

出先でも気軽に取引を行うことができます。

 

レバレッジが高い(25倍)

先ほど、FXは少額で取引できるといいましたが、

これほど少額から始められる投資商品はありません。

 

株もレバレッジをかけることができますが、

最大で3倍までのため同じ金額の取引にFXの約8倍の資金が必要になります。

 

FXは最小で1000通貨から取引ができるところもあるため、

その場合FXを始めるのに必要な資金は最小で4000円程度と

非常に少額から気軽に始めることができるのです。

 

取引コストが安い

FXは少額の資金で始められるほか、取引コストの安さも魅力の一つです。

 

投資には大抵、取引するときに取引手数料というものが取られますが、

 

FXではほとんどの会社がその取引手数料を無料にしているので、

手数料の心配をすることなく、短い時間軸で多くの取引をすることができます。

 

しかし、取引コストが全くかからないというわけではなく、

FXには「スプレッド」という取引コストが存在します。

 

FXでは買値(Ask)と売値(Bid)の2種類の価格が表示されますが、

買い注文をする場合は買値が、売り注文をする場合は売値が適用されます。

 

そしてこの買値と売値は、買値の方が売値より安く提示されいるのです。

 

この買値と売値の差がスプレッドで、FXでは主な取引コストとなり、

FX会社が得ることになる収益と言われています。

 

買い、売りの両方で利益を上げることができる

FXでは、買いと売りどちらからでも注文することができるので、

相場が上に向かって動いている時も下に向かって動いている時も

同じだけ利益を得るチャンスがあります。

 

もっとも、株でも「空売り」といって売り注文から出すことができますが、

これは信用取引という通常の取引とは違う取引方法になり、

株ではFXと違い買いと売りが等価というわけではありません。

 

株とFXの違いまとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-1-21-44

LINEで送る
Pocket