1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. MT4
  3. ≫スマホ版MT4アプリの使い方を徹底解説!

スマホ版MT4アプリの使い方を徹底解説!

LINEで送る
Pocket

PCで使われることが多いMT4ですが、実はスマートフォンアプリでもMT4が使えます。
そんな便利なスマホ版MT4アプリの使い方をこの記事では解説していきます。

この記事の目次
まずは下準備から…
MT4アプリのダウンロード方法
口座のログイン設定方法
基本的なチャート表示の方法
チャートの新規表示の仕方
気配値表示にない通貨ペアのチャートを表示させる方法
チャートの種類の変更方法
チャートの時間軸の変更方法
指定したポイントの価格と時間を数値で確認する方法
チャートを自由自在に加工してみよう
チャート上にライン等を入力する方法
チャート上にテクニカル指標を表示させる方法
インジケータの日本語表記一覧
いざ取引開始!

まずは下準備から…

MT4アプリのダウンロード方法

まずお手持ちのスマホ端末にMT4のアプリをインストールするところから始まります。
端末別にダウンロードページへのリンクをご用意いたしましたのでご活用ください。

iPhone・iPadの方はこちら

android・タブレットの方はこちら

口座のログイン設定方法

インストールが終わってMT4のアプリを起動したら、まずお持ちの口座とアプリを連携させる必要があるのでそちらの方法を解説していきます。

app

まず右下の「設定」タブ→「トレードアカウント」をタップしてください。

app2

お次に右上の「+」をタップします。

app3

「既存のアカウントにログイン」をタップします。

app4

お次に画面上部の検索欄で、お持ちの口座会社のサーバーを検索します。
例としてここではFXDDを検索してみましょう。

app5

するとFXDDのサーバーがずらっと出てきました。
中から登録したサーバーを選び、タップしてください。

app6

最後にログイン情報とパスワードを入力し、右上の「サインイン」をクリックすれば連携は完了です。
後は自由にMT4アプリの機能を使い倒すことができるようになりました。

基本的なチャート表示の方法

お次は基本的なチャート表示の方法を解説していきます。
もちろんデスクトップ版MT4とはレイアウトも操作も全く違いますから、分からない部分があれば是非参考にしてください。

チャートの新規表示の仕方

通貨ペアのチャートの表示方法を解説します。

app7

まず左下の「気配値」タブをタップし、チャートを表示させたい通貨ペアを選んでください。

因みに気配値表示にない通貨ペアのチャートを表示させる方法は後述しています。

app8

「チャート」をタップします。

app9

するとこのように選択した通貨ペアのチャートが出てきました。
アプリ版のMT4ではこのように一度気配値表示を経由して通貨ペアを表示させる方法を取ります。

気配値表示にない通貨ペアのチャートを表示させる方法

初期設定の気配値表示にはそこそこメジャーな通貨ペアも表示されていなかったりするので、一覧にないペアのチャートを表示させる方法を解説していきます。

app10app11

まず気配値表示画面の左上の「+」をタップし、「Forex」をタップします。

app12

元々表示されていなかった通貨ペアも含んだペアの一覧が表示されるので、新たに追加したいペアの左側にある「+」をタップします。

今回は試しにポンド円を新規に追加してみましょう。

app13

気配値表示タブに戻ると、先ほど追加したポンド円が表示されていることが確認できました。
後は先ほどと同様の手順でチャートを表示させてください。

チャートの種類の変更方法

チャートの表示方法にはローソク足の他にもバーチャート・ラインチャートがあります。
それらのチャートへの変更方法を以下では解説します。

app14

まずアプリ画面右下の設定タブをタップし、「チャート」をタップします。

app15

するとチャート表示方法を選ぶ欄があるので、お好みの表示方法を選んでください。

チャートの時間軸の変更方法

app16

チャートの時間軸を変更するには、アプリ画面下のチャートタブをクリックしてチャートを表示させ、上の画像の左上黄枠内の表示をタップすると画像のように時間軸の一覧が表示されるので、変更したい時間軸をタップします。

指定したポイントの価格と時間を数値で確認する方法

チャートを見ていると、あるポイントの価格や時間を正確に知りたい時があります。
通常は目検討で大体の数値を測ることが多くなりがちかと思いますが、ここでは数値で正確に表示させる方法を紹介します。

app17

まずMT4アプリ画面下の「チャート」タブをタップし、画面上部にある十字マーク(上の画像黄枠内)をタップすると、チャート上に十字カーソルが表示されます。
その中心の価格がチャート右側に、時間がチャート下側に数値で表示されます。
ちなみに十字カーソルを消したい場合はもう一度上の十字マークをタップすれば消すことができます。

チャートを自由自在に加工してみよう!

チャート上にライン等を入力する方法

アプリ版のMT4でももちろんデスクトップ版MT4同様チャート上にライン等を入力することができます。
以下でその方法を解説します。

app18

まずMT4画面下部の「チャート」タブをタップし、上の画像上部の黄枠内のアイコンをタップしてください。

app19

すると上の画像のページに切り替わるので、赤枠内のアイコンをタップしチャート上にオブジェクトを入力します。
それぞれのアイコンの意味は以下の通りです。
※アイコンは左から最近使った順に並び替えられるので必ずしも解説と同じ順番であるとは限らないので、アイコンの見た目と照らし合わせてご確認ください。

app20

一番左の縦線はアイコンの見た目からもわかるように、チャート上に垂直線を入力できます。
垂直線の下部分には時間が表示されるので、そこを参考に垂直線を引いてください。

app21

左から2番目の横線のアイコンも見た目通りで、チャート上に水平線を引くことができます。
水平線の右部分にはそのラインの価格が表示されるので、そこを参考に水平線を引いてください。

app22

左から3番目の斜め線のアイコンも見た目通りで、チャート上にトレンドラインを引くことができます。
始点と終点を引き延ばして調節しながら好みのトレンドラインを引きましょう。

app23

右から3番目のアイコンは「アングルトレンド」というもので、トレンドラインと基本的に機能は変わりません。
ただしこちらは角度を調節することでトレンドラインを引きます。
1つ前のトレンドラインのアイコンとは引き方の違いですので、扱いやすい方でトレンドラインを引くと良いです。

app24

右から2番目のアイコンは「サイクルライン」と呼ばれるもので、等間隔に垂直線を引くことができます。
欧州時間などの時間帯を区切りたい場合などに有効ですね。

app25

最後に一番右のアイコンは「矢印線」で、トレンドラインの先端に矢印が付いたものです。
必要な場合に使いましょう。

チャート上にテクニカル指標を表示させる方法

スマホ版MT4でもデスクトップ版同様、チャート上にテクニカル指標(インジケータ)を表示させることができます。
前述したライン同様トレードする際には欠かせないツールですので、以下で使い方を解説していきます。

app26app27

まずアプリ画面下部の「チャート」タブで上の「f」マークをタップし、次の画面で「メインウィンドウ」をタップします。

app28

利用可能なテクニカル指標の一覧が表示されるので、利用したいものを選んでください。
今回は例としてMoving Averageを選んでみましょう。
インジケータは全て英語表記でわかりにくい場合、こちらのインジケータの日本語表記一覧をご覧ください。

app29app30

インジケータのパラメータを設定し、右上の「完了」をタップするとチャート上に設定したテクニカル指標が表示されています。
複数のインジケータを同時に入れることもできますので是非ご活用ください。

インジケータの日本語表記一覧

スマホ版MT4ではインジケータの名前が全て英語表記になっているため、英語表記と日本語名称の対応表を作成しましたのでご参考ください。
※日本でも英語表記が一般的なものはそのまま英語表記で記入しております。

・トレンド系インジケータ

 英語名称  日本語名称
 Average Directional Movement Index  ADX
 Bollinger Bands  ボリンジャーバンド
 Envelopes  エンベロープ
 Ichimoku Kinko Hyo  一目均衡表
 Moving Average  移動平均線
 Parabolic SAR  パラボリックSAR
 Standard Deviation  標準偏差

・オシレータ系インジケータ

 英語名称  日本語名称
 Average True Range  アベレージ・トゥルー・レンジ(ATR)
 Bears Power  ベアーズ・パワー
 Bulls Power  ブルズ・パワー
 Commodity Channel Index  商品チャンネル指数(CCI)
 DeMarker  デマーカー
 Force Index  勢力指数
 MACD  MACD(マックディー)
 Momentum  モメンタム
 Moving Average of Oscillator  移動平均オシレーター
 Relative Strength Index  相対力指数(RSI)
 Relative Vigar Index  相対活力指数(RVI)
 Stochastic Oscillator  ストキャスティクス
 Williams’ Percent Range  ウィリアムズ%R

・ボリュームインジケータ

 課税所得金額
 Accumulation/Distribution  A/D
 Money Flow Index  マネー・フロー・インデックス
 On Balance Volume  オン・バランス・ボリューム(OBV)
 Volumes  ボリューム

・ビル・ウィリアムズのインジケータ

 英語名称  日本語名称
 Accelerator Oscillator  アクセレレーター・オシレーター
 Alligator  アリゲーター
 Awesome Oscillator  オーサム・オシレーター
 Fractals  フラクタル
 Gator Oscillator  ゲーター・オシレーター
 Market Facilitation Index  市場簡素指数(MFI)

いざ取引開始!

それではいよいよ実際の取引を行っていきましょう。
持ち運び可能なスマホでできる取引は非常に便利なので是非ご活用ください。

app31app32

まず画面左下の「気配値」タブで取引したい通貨ペアをタップし、「トレード」をタップします。

app33

またはチャート画面の右上の「トレード」をタップします。

app34

すると発注画面に飛びますので、上の画像赤枠内から取引方法を選び、ストップロス(損切りライン)・テイクプロフィット(利確ライン)・スリッページを入力して「Sell」か「Buy」をタップします。

因みに赤枠内の各注文の日本語訳は以下の通りです。
Buy Limit…買い指値注文
Sell Limit…売り指値注文
Buy Stop…買い逆指値注文
Sell Stop…売り逆指値注文

LINEで送る
Pocket

MT4

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。