1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. FX業者
  3. ≫OANDA(オアンダ)

OANDA(オアンダ)

LINEで送る
Pocket

ここでは「OANDA」というFX業者のレビューや口座開設方法などを詳しく紹介していきます。
ここを開設口座の候補にしている方は是非参考にしてください。

OANDAのレビュー

サービスの質と安定性が光る王道
OANDA
4.9
スプレッド★★★★★
安全性★★★★★
約定力★★★★★
取引単位1000通貨~1000万通貨単位
通貨ペア数71ペア
OANDA

○オープンオーダーを全ユーザーに公開

まずOANDAと言えばオープンオーダーとポジションという、未決済の注文・ポジション状況が簡単に確認できるサービスを、口座開設をしていないユーザーでも誰でも無料で公開していること。

これはプロのトレーダーでも活用している「激ヤバサービス」で、このクオリティーの優良サービスを全トレーダーに公開しているこの業者の優良性が、本題の口座開設ユーザーへの取引時のサービスにも大いに現れています。

○なんとオープンオーダーが待望のMT4インジケーター化!

そしてなんと、このオープンオーダーをMT4の画面にそのまま表示してしまうという神インジケーターをOANDA自身が開発し、今だけ入手可能となっているので、まだ手に入れていない方はこの機会をお見逃しなく!

詳しくはこちら(本記事内のキャンペーン詳細欄へスクロールします)

○業界最高水準の約定力と低スプレッド

OANDAの最大の特徴は何といってもその約定力と低スプレッド。
正直これらに難ありな業者が多いMT4業界で圧倒的な存在感を放っています。
取引回数が多くなり、一刻を争うスキャルピングでも安心して取引が行えます。

○3種の取引コースで顧客に合わせて最高のパフォーマンスを提供

OANDAにはベーシックコース・プロコース・ビッグコースの3コースが用意されていて、利用可能な資産額に応じて最適なコースを選択できます。
ベーシックコースでは1000通貨から取引が行えるので、初心者の方でも資金を大きく飛ばさずに使い勝手を学ぶことができます

以前は両建てができないことが難点だとされてきましたが、2015年5月からプロコースとビッグコースで利用可能になりました。
このようにユーザーの要望にも積極的に応え改良を続けている姿勢も高評価の要因です。

OANDAのオープンオーダーをMT4のチャート上に表示できる神インジケーターを入手できる

oanda

上記のOANDAのレビュー欄でも述べていますが、OANDAと言えば何といってもオープンオーダー

openorder

ここでは各通貨ペア毎に未決済の注文・ポジションの数がグラフ上で表示され、「ここで売りが入ってきて反発しそうだからいったん様子見しよう…」などといったかなり具体的な戦略が立てられるため、年間何億円もの利益を上げているプロトレーダーの方でも参考にしているまさに「神サービス」です。
確かな情報などほとんどないFXの世界でここまで信頼できるデータは中々ありませんからね。

事実このオープンオーダーをメイン戦略として利益を上げているトレーダーも数多くいます。

OANDAのオープンオーダーとポジションの見方・使い方・戦略
オープンオーダーの使い方はこちらで徹底的に詳しく解説しているのでご確認ください。

そんな正真正銘の神サービスですが、これまでは確認するのにわざわざ専用ページへアクセスし、さらにMT4のチャートと交互ににらめっこしなければならないため、それなりに扱いにくさもありました。

しかしこの度ついにOANDAが動き出し、なんとMT4のインジケーターとしてこのオープンオーダーがチャート上にそのまま表示可能になったんです!

ハッキリ言ってこれは革命です。OANDAさん本当にありがとうございます。
表示画面などは以下に添付したOANDA公式のオープンオーダーインジケーターの解説動画をご覧ください。

今後FXトレーダーの必需品になるであろうこのインジケーターは、今年2017年9月1日から12月31日までの期間限定で、OANDA口座をお持ちの方限定で10万通貨取引+20万円預入れをした方を条件に配布されています。

こちらのOANDA公式ページにてキャンペーンの詳細説明、口座開設も行えますのでこの機会をお見逃しなく!

口座開設の方法

oanda1

OANDAで口座開設するにはまずこちらのページに飛び、右上の口座開設ボタンをクリックします。

oanda2

すると各情報の入力画面に飛ぶので、まず規約内容を把握いただき上の画像赤枠内のボタンをクリックして同意欄にチェックマークを入れます。

oanda3

oanda4

oanda5

お次にお名前、住所性別、電話番号、メールアドレスを入力していきます。
ここで入力した住所が後ほど送信する身分確認書類の内容と異なっていると再審査となる場合があるのでご注意ください。

oanda6

次にご職業、資産情報、振込口座を入力します。
特に資産情報は最低基準額に達していない場合審査してもらえない場合もあるのでご注意ください。

oanda7

oanda8

お次に口座開設の動機などの4つの質問の回答欄にチェックマークを入れます。

oanda9

お次に取引コースを選択します。
資産額に応じてお選びください。

oanda10

お次に米国納税義務の有無と本人確認書類の送信方法を選択します。
本人確認書類はアップロードが便利で、本記事でもアップロード方法の方の解説をしています。

oanda11

oanda12

確認画面の入力の最後の操作として、FXをする上での注意事項を把握しているかどうかの質問に答えます。
問題なく把握していれば、「はい」ボタンをクリックした後、一番下の「確認画面へ」ボタンをクリックします。

oanda13

先ほど入力した内容を再確認する画面に飛びますので、問題なければ「申込受付」ボタンをクリックします。

oanda14

oanda15

最後に本人確認書類を送信します。
「マイナンバー通知カードと顔写真付き本人確認書類」「個人番号カード」「マイナンバー通知カードと顔写真無し本人確認書類」の3パターンから書類を送信可能です。

それぞれ書類の画像データを選択したら一番下の「申込み完了」ボタンをクリックして操作は完了です。
後はOANDAの方で口座開設の処理を進めてくれるので先ほど入力した連絡先に連絡が入るまで待ちましょう。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。