1. 経済指標と金融政策で勝つFX攻略サイト
  2. テクニカル分析
  3. ≫ピボットは多くのトレーダーが見ている必須級アイテム!

ピボットは多くのトレーダーが見ている必須級アイテム!

LINEで送る
Pocket

ピボットというのは、RSIやパラボリックを発明したJ・W・ワイルダー氏によって開発された指標で、
前日の高値・安値などを基準に翌日の相場において意識される価格帯を表示してくれるといったもの。

前日の高値・安値というのは非常に意識されるラインとなりますから、
そこから算出されるピボットラインというのも重要になるのは必然ですね。
なのでこのピボットラインを利用してトレードするトレーダーも非常にたくさんいるというわけです。

ピボットを毎日自分で計算し直さなければならない時代もありましたが、
今では機械が勝手に算出してくれるので、計算方法ももちろん重要ですが、個人投資家はそれ以上にこれが何を意味しているかを理解する必要があります。

■ピボットとはどのようなものなのか

pivot1

ピボットポイントとはこの指標の基準値となるもので、前日の高値・安値に加え終値考慮して算出しています。
そしてピボットポイントの上にレジスタンスライン、下にサポートラインがそれぞれ三つずつ算出されます。
レジスタンスの三つのラインはピボットポイントに近い方からそれぞれR1、R2、R3
サポートの三つのラインはピボットポイントに近い方からそれぞれS1、S2、S3と呼ばれます。

■ピボットの計算方法について

前述の通りピボットを使う上で一番重要なのはそれが何を意味しているかを知る事ですが、
以下ではその詳細な計算方法も記載しておきます。
より深く知りたい方は是非目を通してみてください。

pivot2

■ピボットの見方

一般に現在価格がピボットポイントより上の場合、R1に向かって流れて行きやすい傾向があります。
逆に下の場合はS1に向かって流れやすくなっています。
なのでピボットポイントより上ではロング、下ではショートといったポジションを持つのが通常ではありますが、
現在のテクニカル・ファンダメンタル的要因でその傾向くらいは簡単に破られてしまうので、
ピボットポイントより上だからといって安易にロングしまくるのはまったくお勧めできません。

ピボットのメインの使用方法として、ピボットラインより上のレジスタンスラインでは売り圧力、
ピボットラインより下のサポートラインでは買い圧力がそれぞれ強くなり、そこで反発しやすい傾向があります。
このライン付近でプライスアクションに着目して逆張りしたり、
持っていたポジションの決済ポイントとしても利用できますね。
実際に多くの熟練トレーダーたちもこのピボットは大いに有効活用していますので、ぜひ使ってみると良いでしょう。

また一般的に相場は上の図のHBOPとLBOPの間に収まっている間はレンジ相場と考えますが、
それらを抜けた場合はトレンド相場へと転換したと考えることができます。
なのでHBOPを上抜けると買い、LBOPを下抜けると売りのサインとして見ます。

またサポートラインとレジスタンスラインの幅が狭いとレンジの可能性が高く、
ブレイクすることで一気に大きなトレンドが発生する可能性を示唆していると捉えることも可能です。

このように、ピボットだけでも様々なエントリー戦略を確立することができます。
ただし一つ注意点としては、大勢の人が注目している分思い通りに動きやすいのは大きなメリットではあるものの、
インターバンクによるストップ狩りの対象にもなりやすい点では注意することも必要です。
何度も言いますが、よく効くピボットだからと言って過信するのは厳禁です。

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。